法律の相談に適した事務所の探し方

どの人にも起こりうる借金問題には一定の法律と、相談窓口が決められていているので一人で悩むべきではありません。

借金に関する法律とその相談

どんな人にも、長い人生の中には、借金を背負うという可能性があります。時代劇によく出てくるように、借金を返すために娘を身売りするということも実際にありました。しかし現代では、こうした借金問題にはそれなりの法律があり、またいくつかの相談窓口がありますから、不幸にもこうした事態になった時は一人で悩むべきではありません。借金つまり債務を整理するには、普通4つの方法があります。まず裁判所などの法的機関を利用せず、直接債権者と話し合って整理する方法です。こうした場合は弁護士に依頼することになります。また特定調停といって、簡易裁判所に申し立て解決する方法です。

もう一つは個人再生といって、法律で判断された金額を計画通りに支払った場合、税金等一定のものを除き、残りの債務を免除される制度です。最後は自己破産の申し立てです。債務者がすべての借金を完全に返済できなくなった場合、免責許可が決定されると、税金など一定のもの以外、債務から免除される制度です。これらは生活に困らないように定められた制度です。ただしギャンブルなどでできた借金の場合は、免責不許可になることがありますから、注意が必要です。いずれにしても、不幸にして借金をかかえた場合は、それなりの機関に出来るだけ早く相談に行くべきでしょう。

オススメのサイト

Copyright (C)2017法律の相談に適した事務所の探し方.All rights reserved.