法律の相談に適した事務所の探し方

法律に関わる金融関係の相談は弁護士事務所への相談が最適なもので、しつこい取り立てなどを回避できる場合もある

過払い金などの法律に関する相談は弁護士事務所が最適

金融機関から融資を受けた場合には、必ず借入れた金額に対する利息が借入れた日数分加算されて返済するという義務が生じますが、借入を行った金融機関により、同じ条件での借入でも、支払い義務が生じる利息には大きな違いが有ります。それは、貸付金額に対する利息の利率は、基本的に法律で定められている範囲内のものである場合には、金融機関により決定する事が出来るものである為です。銀行関係同士では、大きな差は生まれにくいものですし、金利も低めの設定がされている為、利息の利率で法律的な問題が生じる事はまずありませんが、一部の消費者金融においては、法律のあいまいな部分を上手く利用して、一般常識を逸脱するような高金利での貸付を行っていたという実情もあるのです。

現在では、法律が改定されているものの、少し前までは金利に関わる法律には、大きな問題点が有りました。金利に対する利率の設定範囲が、融資が同額である場合の借入と貸付においての利息の利率は一定であるべきな筈なのに、そこに差が生じていたのです。消費者金融の中でも、法律の矛盾に気が付いていながら高い方の金利で取引を行い、借入主へと高い利息を請求していたのです。法律の改正と共に、必要以上に利息の利率を高く設定していた場合に発生した利息の差額を返還請求出来るようになっています。それを過払い請求と呼び、現在多くの対象者が金融機関を相手に手続きを薦めているのです。中でも、しつこい取り立てをされている方の場合の過払い金請求は、弁護士に相談し、代行業務の依頼をされれば、法律的にもしつこい取り立てを止める事が可能なのです。お金関係のトラブルを解決させる為には、弁護士に相談してみる事が、解決を早める事となる場合が多いものです。

Copyright (C)2017法律の相談に適した事務所の探し方.All rights reserved.